アラート批判、北朝鮮報道…どこかヘンだよ、日本人の平和主義 タレント フィフィ

Jアラート批判、北朝鮮報道…どこかヘンだよ、日本人の平和主義 タレント フィフィ

http://www.sankei.com/images/news/171022/prm1710220003-n1.jpg
フィフィさん(伴龍二撮影)
※この記事は、月刊「正論11月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

 朝鮮半島の緊張が高まっています。「やばい」と感じている人は結構多いんじゃないですか。恐怖を感じている人も大勢いると思います。ミサイルを撃った後、間髪入れずに核実験を行って、その水爆の規模が広島に投下された原爆の10倍の規模とも報じられました。その後も次々展開する北朝鮮の動きをめぐる報道を見て、「この先、どうなっちゃうのだろう」「次は何が起こるのだろう」と先行きに不気味な不安を抱く人は多いはずです。というかそのくらいの危機感は誰でも普通感じますよね。
 私自身は全国瞬時警報システム(Jアラート)が鳴った8月29日午前6時すぎ、寝ていました。北朝鮮が発射したミサイルは日本の上空を通過して、襟裳岬の東の沖に落ちました。Jアラートが鳴ったのは落下の恐れやミサイルの向けられた方向にある12道県のみで東京都では鳴りませんでした。ただ、テレビを付けると、何度も取り上げられましたから。それで知りました。
政府批判のオンパレード

 Jアラートに対する反応見ていると、「これってヘンだな」と腑に落ちないものが沢山ありました。私は以前正論で「保育園落ちた。日本死ね」に代表される、何から何まで政権批判に結びつけたがる風潮に疑問を示したことがありますが、今回の事態もとってもヘンでした。
 まず堀江貴文氏ことホリエモンが公式ツイッターで「マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府」と書かれました。ほかの人たちも「Jアラートうるさい」「意味がない」と書いた人がいました。どれも政府批判ばかりです。ひどいのでは「危機感をあおっている」というのもありました。
 エジプトやアラブ世界の感覚で見ていると、日本に住んでいる感覚とはちょっと違う思いを味わう機会があります。常に危険と背中合わせだと実感しながら過ごすからかもしれません。戦争や紛争への日常感覚があまりに違い過ぎる。戦争、もしくは、攻撃されることが、日常生活と懸け離れた、遠く離れた出来事では決してないという感覚がどこかにあって、それを心の片隅に置いて暮らしているわけです。今の日本の状況はどう見てもシリアスな段階に入ったと思います。むしろ私自身は、日本政府はこんなにやばい状況になっても「もしかしたら何もしないんじゃないか」と思っていたくらいでしたから、Jアラートに逆に驚いたんです。

 それは「危ない事態をちゃんと知らせるんだ」というものでした。私自身、米朝の駆け引きをとても冷めた目で見ていた時期がありましたので、こういう危機感はもっと早く持っておくべきだったかもしれない、そうすればいろいろなことがもっとやれたし、やっておけば良かったとは思いました。政府からようやく大変なことになっている、なるかもしれない、と国民に初めて知らされてそう考えたわけです。
 ツイッターでこの手の発言をしている人達って、そういう危ない局面をこの期に及んでも直視していませんよね。もし仮にミサイルが国土に墜ちて、具体的な被害が出たら掌を返して「政府は何もしなかったじゃないか」「政府は何をしているんだ」と言い出すに決まっています。悪いのはまず北朝鮮であるはずなのに、そこはほぼ素通りに近い。そして何でもありで政府批判を繰り返すのです。

 正にこれって平和ボケです。何も考えてないなと思う。ミサイルが飛んでこようが、いきなりずどんと核が墜ちてこようが、のどかに自分だけは「絶対安全地帯」に身を置いて、人ごとのごとく発言している。
 私以前、こういう状況を「ゆでガエル」ってツイッターに書いたことがあるんです。百田尚樹先生が日本の平和ボケに警鐘を鳴らすべく「カエルの楽園」という小説を書かれましたけれど、私がはじめてこの言葉を使ったのは民主党政権時代の時期でした。
 要するに、下からぐつぐつ火にくべられているのに、それに気づかない。いきなり沸点に達してゆでガエルになってしまうのに、そうなるまで、自分の置かれた状況がわからない平和ボケの愚かさを喩えたものです。
 平和ボケの社会ではまともな情報が流れてこない。平和だと思い込まされて、水面下でうごめく危機に気付かない。いや、気付かないように教育されて、気がつけば時すでに遅しになっている。これがまさにゆでガエルです。
テロに備えた学校の避難訓練
 韓国で北朝鮮のミサイル攻撃を想定した大掛かりな避難訓練が行われたのですが、カタールアルジャジーラがこれを取り上げて報道していました。いろいろなことを感じたので私、8月30日に動画を載せました。
 日本では政府は大げさだ、と報道され、隣国でこれだけ大規模な避難訓練が行われても「市民は冷ややかだ」などと簡単に片付けようとするでしょう。でも日本以上に遙かに現地から離れたアルジャジーラはこれを真面目に取り上げているんです。
 それは朝鮮半島の緊張の高ぶりが抜き差しならないレベルに達しているからでしょう。全然大げさじゃない。日本も韓国に倣ってもっとやらなきゃいけないと思う。特に学校です。避難訓練地震避難訓練は盛んですけど、例えばテロとか、今回のようなミサイルなどを想定した訓練はあまりやっていないし、これから必要になってくると思うんです。

 2015年3月、チュニジアの博物館「バルド国立博物館」で武装勢力による銃撃があって日本人3人を含む外国人観光客ら20人以上が死亡するというテロ事件が起こりました。チュニジアはこれまで、あんなテロが起こる場所ではなかったので、すごくショックでした。日本人はテロで3人も亡くなっています。
 報道ではイスラム教の祈りのしぐさをした人には危害が加えられず、イスラム教徒でない外国人を狙ったと伝えられています。はじめから日本人だけを狙った事件ではありませんでした。
 テロリストが襲撃した瞬間、日本人ってどうしていいかわからなくて動けなくなってしまう傾向があるでしょう。出会ったこともないから無理もない話ではあるんだけど、ただ他の外国人はどう動くか。最近よく、そのような映像を見ますが、すごく低い位置、低姿勢で素早く走っていくのです。

 今年5月、米国の人気歌手、アリアナ・グランデさんが英国マンチェスターで開催したコンサートが自爆テロに会いました。このときも動きが素早く良かったんです。とにかく急いで避難する。それは日ごろから危機感を強く感じているから出来るんです。
 あのテロだって決して日本人をターゲットにしたわけではありません。でも、恐らく普通の日本人は、どうしていいかうずくまってしまう。せめて教育の中でどうやって逃げるか、もっと具体的に教えないとダメなんじゃないか、と思いますね。それくらいテロって今は身近で日常的な場所で起こっていると思うんです。
 学校の避難訓練は-私も日本の公立学校で勉強しましたけど-地震が来たら「机の下」みたいなお決まりのパターンがありました。それをひたすらやっている。座布団を頭に乗せてどこに逃げるかって感じだけど、もっといろいろなものを想定した方がいい。日本人がこれほどいろんなところにいて、どんな事態に遭遇するか分からなくなっている時代ですし、まして日本国内にまでミサイルが飛んでくる恐れだってあるわけです。どう対処して自分の身を守るか、子供たちに具体的に教えた方がいい。
 
MXテレビの「モーニングCROSS」でご一緒している堀潤さんの話では、韓国では、もしもの事態が起きたら、どこに避難しろといった様々な指示が町のあちこちにはってあったそうです。そういう段階なんです。
 日本のメディアでは一般国民の関心は高くないなんて言っていますが、全然違います。私の周囲には在日のお友達がいますが、彼らは親戚が向こうにいて、敏感に見ていますよ。Jアラートにしても彼らは「Jアラートへの非難はいかがなものかと思う」と盛んに発言していました。
何もできない意味のない時間か
 Jアラートが鳴っても数分しかないから意味がない、という批判もありました。でも4分前に分かるってすごい話なんです。
 例えば、今からミサイルが落ちてくると言われたとしますよね。アラブの場合、墜ちてくる4分前だったらまず助かりますよ。毎日危機感の中で生きている人達にすれば4分って逃げられる時間です。
 もちろん、万が一の備えは必要です。何かがあったとき何を持って逃げるか、常にまとめてあるとか、そうした備えは必要でしょうが、考えよう、使いよう次第で命を守るために4分は決して短い時間じゃないんです。

 ツイッターを見ていたら「ふにっとさん」という人が次のような書き込みをしていました。
《病院の待合室でJアラートが鳴ってから4分くらいしかないのは短いって言ってる。テレビ番組を見ていた高齢女性が、「ほんと今の若い者はぁ。戦時中は飛行機の音が聞こえてからサイレンがなっとった。早めにわかるんやからありがたい」と言ってた》
《Jアラートに戦争経験者は戦時中思い出して怖い思いしただろうとか意味不明な批判を見たけど、病院の待合室にいた高齢者達は確かに戦時中思い出して戦争はいやだって言ってたけど、北朝鮮に対して怒ってあんなの〇してしまえばいいのにって言ってる人はいても、日本を批判してる人はいなかったよ?》
 いかに日本のメディアがいびつに報じているか。考えさせられます。

まず酒など酌み交わせませんよ
 北朝鮮との対話が大事だという意見もありました。「まずは対話だ」という意見です。でも今の日本の状況を喩えると、事情はわからないが、隣の家でとにかく斧を振り回している住人がいるような光景でしょう。こちらはやめて欲しいと思っているが時折、意味不明に叫んだり斧を振り回し意に介さない。それどころか頻繁にこちらに向かって斧を投げてくる状況です。理解不能だし、不審だし不気味です。
 同じような考えの方ならともかく明らかにそうじゃない人が不幸にも隣に住んだ場合、まず対話なんて無理難題にほかならない。お父さんは家族守るために何をするか。やっぱり何か、武装するなり、家族守るための備えを充実させる対抗策を採らざるをえない。
 そんな人と「まず酒を酌み交わせ」といっているのが「まず対話だ」といっている人の意見です。例えばロシアや中国が対話を呼びかけるならわかります。でも日本が対話を望めるか、というとどうみても無理でしょう。向こうはそういう気が全くないわけですから、まずそうした相手と酒を酌み交わしましょうと言う意見がいかに荒唐無稽で現実的に成り立たない話かをまず考えるべきです。 

9条ではミサイル撃たれ放題
 政府批判ばかりで本当に今考えなければいけない、話し合わなければいけない問題ができずにいる。そこが一番深刻だと思います。
 本当に話し合わなければならない問題とは何か。日本という国をどうやって守っていくか、でしょう。もっと現実的な話です。感情論で安倍さんや政府が嫌いとか、自民党に言われたくない、といっている場合じゃない。
 今の日本って平和憲法のもとで触らずに来たたくさんの矛盾が噴き出していて突きつけられていると思うんです。日本には9条を持っていれば平和になれるという9条神話があります。本当は9条で平和になったわけじゃない。むしろ、9条があるから北朝鮮はやりたい放題なんですよ。私たちって、実はミサイル撃たれ放題でそれから逃げ続けなければならないんです。9条でミサイルは跳ね返すことはできません。そういうところも見直しながら

、自分たちが自分たちを守れるようにしなければならないはずです。
 「ウィ・アー・ザ・ワールド」の世界じゃあるまいし、きちんと世界を直視して、「安倍死ね」みたいなことばかり言ってないで、日本をどう守っていくか。その議論をしなければなりません。そこが抜け落ちていると思います。
 フィフィさん 昭和51(1976)年生まれ。エジプト出身。中京大学情報科学部卒業。一児の母。バラエティー番組で「ファラオの申し子」として注目され、MXテレビ「モーニングCROSS」やBSスカパー「ニュースザップ」などに出演。週刊女性PRIMEで「フィフィ姐さんの言いたい放題」を好評連載中。著書に『おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ』(祥伝社)。