◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■□グレイルネットメールマガジン□■            2011/12/10(土)発行
株式投資で勝つ為の情報マガジン~        http://www.grail-legends.com/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【お知らせ】
グレイルNETのツイッター→ http://twitter.com/grail_net
グレイルNETのフェイスブック→ http://www.facebook.com/grailcorp

=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週も欧州債務問題に大きく影響を受けた1週間となった。」

M「ああ。期待と懸念が交錯していた1週間だったといえる。週末のEU首脳会議へ向け
日々色々な報道が出ており、それに一喜一憂する感じだ。」

T「5日にはS&PがドイツやフランスなどトリプルA6ヶ国含むユーロ圏15カ国の格付け
見通しを一斉にネガティブに引き下げた。フランスに関しては前々から見通しを引き
下げるとの見方が多かっただけにサプライズでも無いが、ドイツまで見通し引き下げ
るとは・・・。


M「更にその翌日にはS&PはEFSFの格付け見通しもネガティブに指定した。ただEU首脳
会議への期待もあり、粘りも見せていたんだが、木曜日のECB理事会が波乱要因となっ
てしまった。」

T「想定通り利下げされたものの、期待されていたECBによる多債国の国債買入拡大に
は否定的な見解が示された。またIMFを利用した間接的な支援に関しても否定した。」
M「それで再び懸念が強まり木曜日の米国市場は随分と派手に下落した。」

T「昨日の日本時間中にも、欧州絡みの報道が相次いでおり、一喜一憂した感じだ。」

M「ただ結局、EU首脳会議では進展が見られ、IMFへの拠出やESM発足前倒し、更に財
政規律を厳しくする条約を作ることなどが決まり、昨晩の米国市場は安心感広がって
大きく買われた。」

T「ドイツとフランスでまとめた、財政規律強化を盛り込んだEU条約改正には、英国
が断固反対し至らなかったが、変わりに財政規律を厳しくする条約を新たに作ること
が決まったからな。」

M「ああ。その条約には結局、英国以外の26カ国が参加することで決まっており、EU
首脳会議は、まあ良しという結果に終わったと言えるんじゃないのか。」

T「そうだな。ベストではないけどな。」

M「ああ。これで欧州債務危機は収束へ向かうとは正直言い切れない。ただ過度な懸
念が後退したのは確かだろう。」

T「これでECBが国債買入拡大に踏み切れば、良いのだが・・・。」

M「まあ先日のドラギECB総裁の声明会見を聞く限り、難しいと言えるけどな。」

T「あとはユーロ圏格付け見通しを引き下げたS&Pの動向に注目だな。S&PEU首脳会
議の結果を考慮し、実際に格下げに踏み切るか検討するとのことだけに、果たしてど
ういう見解を示すのか注目される。」

M「そうだな。ただS&Pが望んでいた結果には恐らくほど遠い。それだけに、これで格
下げがないとは言い切れない。」

T「まあ前進があったのは確かだが・・・。」

M「とにかく来週辺り、S&Pは何らかの声明でも出すんじゃないのか。格下げを示唆す
るような事があれば、再び波乱要因となる恐れはある。」

T「とりあえず昨晩の米国市場は大きく上昇し、前日の下げ分をほぼ取り返す格好と
なった。このまま上昇基調になっていけばいいのだが、やはり難しいんだろうな。」

M「来週には米FOMCがある。そこでポジティブサプライズでも出てくれば、勢い付く
期待はあるんだが・・・。」

T「でも今回のFOMCではサプライズは出にくいとの見方は多い。結局は来週も欧州問
題が大きな鍵になりそうな気もするけどな。」

M「そうだな。あとは中国が鍵となる可能性もある。中国では月曜日から水曜日まで
経済工作会議が開催される。今年の経済を振り返り、来年の経済対策への方向性に関
して話し合われる。」

T「新たな経済対策や、金融緩和への方向性が明確に示されれば確かに好感されそう
だな。」

M「米国では経済指標発表も多い。最近は米経済指標良いものが目立っているからな
。そこそこ期待はあるだろう。」

T「昨日の消費者信頼感指数も良かったし、米経済は回復へと向かっているようにも
見えるからな。」

M「まあ欧州問題で波乱要因出てこなければ、しっかりとした展開が期待できるんじ
ゃないのか。」

T「このまま年末まで強い相場続けていって欲しいモンだな。」

M「そうだな。今年はいろいろとあったが、最後くらい日本株も底力見せて欲しいモ
ンだ。」

T「ああ。年末まで強い相場続け、来年相場へ勢い付けて欲しい。まずは来週欧州問
題がこのまま落ち着いていくか見極めたい。」