◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆ 2012/02/18(土)発行

=================
◆◇地場者の立ち話~番外編~◇◆
=================
T「今週は更に堅調な1週間となった。先週までもしっかりだったが、日経平均は節目
の9000円付近だと言うことや、すぐ上には200日線も走っていたことから、その辺りで
上値が抑えられていた。」

M「それを今週は一気に突破してきた格好だ。まあ言うまでも無いが、やはり14日の
日銀政策決定会合で、追加緩和に踏み切ったことがポジティブサプライズとなった。」

T「今回の会合での追加緩和は想定外だったからな。まあ前日発表されたGDPが弱い数
字となったことから、一部市場筋の間では期待感出たのは確かだが、期待する向きも
まさか本当に緩和に踏み切るとは思っていなかったようだ。」

M「そのようだな。確かに先月の米FOMCでは、超低金利政策の時間軸を伸ばし、事実
上のインフレターゲットを導入しただけに、日銀も導入するべきだと言うことは与野
党だけでなく専門家などからも上がっていた。しかし今回の会合で実際に踏み切ると
は思っていなかった向きは非常に多い。」

T「だよな。今まで日銀はさんざん煽られても重い腰をなかなか上げようとしなかっ
た。それだけにどうしても政策が後手後手になってしまい、金融緩和も効果薄という
結果に終わることも少なくない。」

M「ああ。実際、日銀は以前からデフレ脱却を目指していると言っているが、未だに
デフレ脱却出来ていない。一部の海外勢からは日銀はデフレ政策をしていると嫌みを
言われるほどだ。」

T「それだけに、周りが幾ら煽ろうと、動きはしないという見方は多かったからな。」

M「ああ。しかも最近は株式市場も堅調になってきており、為替もそれなりに落ち着
いてたからな。」

T「ところが今回は良い意味で期待を裏切ったといえる。」

M「ああ。それだけにマーケットインパクトも大きくなったと言えるだろう。」

T「やはり為替だよな。これが円安へと基調を変えてきたのが大きい。」

M「そうだな。FOMC後には、ドル売り円買いポジションを取ったヘッジファンドも多
いようだ。あのFOMCの結果はドル売りの材料だしな。そういう向きが今、ドルの買い
戻しを余儀なくされている。」

T「まさに今回のことは投機筋にとって見れば意表を突かれたという感じなんだろう
。」

M「ああ。ただ今回、物価安定の目処を1%にという事を示したが、問題はそれに向け
実際に日銀が動いていくのかが重要だ。罰則も何もないだけに口先だけなら、円安だ
って株高だっていつまでも続かない。」

T「確かに・・。それを目標とし、インフレ率改善していかなければ、更なる緩和を
したり本当に出来るのかどうか。」

M「目標じゃない、あくまでも目処だ。その点でも日銀は依然として逃げている。単
純にインフレ目標、つまりインフレターゲットと明確に言った方が余程解りやすい。」

T「でも、そういってしまうとインフレを目指しているという誤解を招くと言うこと
なんだろ。」

M「そもそもインフレターゲットというのは、インフレを目指す政策ではない。ター
ゲットのインフレ率で安定させることだ。つまり1%ならその水準で固定させる政策の
事を言う。」

T「つまりデフレの状況ならば、1%にするために金融緩和をし、逆に、目標の1%を越
えてくるならば、1%に収まるよう金融引き締めをすると言うことだな。」

M「ああ。今までは日銀は物価安定の理解なんて表現をしていた。これこそ意味解ら
ん。今回はそれを目処に変えただけともいえるんだが、多少は解りやすくなったとい
う点で評価は出来る。」

T「でも、目処って言うのも結構曖昧だよな。どうも日銀の希望的観測を示しただけ
に思えるのは気のせいか・・。」

M「確かに・・。目標と明確に言えば、目標へ向かって日銀は本気で動くぞという意
味合いが込められているように受け止められるが、目処だと確かにそうなって欲しい
位にしか感じない。」

T「ああ。やっぱり意思の強さに違いを感じる。まあそれでも今までよりはデフレ脱
却への意志を見せてきたと言えるけどな・・・。」

M「そうだな。あとは今後実際にその目処へ向けて、動く姿勢を見せるかどうかだな
。今回、10兆円に長期国債買入増額も発表したが、それも実際に買わなければ意味は
ない。」

T「確かに。日銀が今まで買い付けた長期国債は3兆円程度だ。今後、買い付けを速め
てくるのかどうかで日銀の本気度が解るかもな。」

M「ああ。それによって今の円安基調が本格的になるのか、あくまでも一時的なドル
やユーロの買い戻しによる円安で終わるのかが決まるだろう。」

T「これを機に脱デフレに向かうようならば、日本経済も期待できるんだけどな。」

M「来週は為替動向に注目だな。昨晩の米国時間には昨年の為替介入時に付けた円安
水準を越える場面も見られた。節目の1ドル80円も射程圏だ。」

T「まあその辺で躓きそうだが、越えていくようだと一段とドルのショートカバーの
動き強まって、日本株も一段高という展開になるかもな。」

M「ギリシャ問題の行方も為替市場に影響を与えると思われ、円安続くのか、一服に
なるのか注目だ。恐らく日本株も同じような展開になるだろうからな。」

T「まあ期待したいモンだ。まずは週明け20日のユーロ圏財務相会合で本当にギリシ
ャ支援で合意に至るのか注目だな。」

M「ああ。期待したいモンだ。」